2018年9月17日月曜日

2018年9月第1回目集まりのご報告

【日時】2018年9月8日(土)13:00〜15:00
【参加者】会員8人、子ども11人
【プログラム】
1.讃美歌  452番
2.読書「心境小景」P329〜P340(『思想しつつ生活しつつ   下』)
3.家事家計講習会について
       掃除道具、方法について

友の会の集まりの前に子どもの読書会を開き、子供読本から「月はまんまる」を輪読しました。文章が少し長かったので、小学生のみの参加にしました。内容が兄弟の話だったので、兄弟がいる子は兄弟間のあり方を考えてくれたら良いなと思い、兄弟のいない子は兄弟とはこういうものなのかという事を知る機会になったのではないかと思いました。


【様子】

読書は340ページまでの予定でしたが、じっくり読んだ方が良いということで337ページの「寒月まどか」までになりました。

・初夏、秋が好きで、日本にいる時は蝉や虫の声で四季を感じていたが、ソウルは窓を開けても虫の声も聞こえなくて寂しい。
・羽仁先生の年齢で毎日感受性豊かに生ている事が素晴らしい。
・自分はまだまだ未熟で、もっと成長しないといけないと思った。
・窓を開けてみたら虫が鳴いていて、韓国でも虫が鳴いているんだと気がついた。慌ただしく生活していると気付かない事もある。
・文中に出てくる語彙が難しくて、子どもとの会話も言葉豊かにしなければいけないと感じた。
・自分の生活をいつか振り返る時にが来ると思うが、それをかんがえると怖い。
・父親が短い時間を惜しんで仕事をして無駄なく生活しているのをみていると、自分が精一杯生活していないと感じる。
などの感想が聞かれました。


家事家計講習会の流れ、講習会で家計以外の発表をどのような物にするかを話し合いました。
各家庭での掃除の方法、使用している洗剤について聞きあいました。自分のやり方の改善点やもっと自分に合った方法を知る良い機会になりました。



友の会に参加すると普段友人との会話では出てこない家事についての疑問点などを真剣に話合う事ができ、少しずつですが毎日の生活が向上していると思います。生活を少しでも向上させたいと思っている方は是非一度集まりに参加してみてください。


2018年9月16日日曜日

2018年8月こひつじ広場のご報告

【日時】2018年9月7日(金)10:30〜12:30
会員6人、お客様3人、子ども3人(内お客様の子ども1人)

『家庭教育篇  (下)』より「女子の運動競技」を読みました。



・女子の運動について書かれているのだろうと思って読んでみたら、女子の運動についてだけではなく、他の著作集にも書かれている、『皆、力を出し合おう』という事が書かれていた。
・自由学園は勝ち気は損気という風潮があり、自分が勝ち気な性格だったので、最初は戸惑った。
・運動は技術だけではなく、規律なども学ぶ事ができるし、運動ならではの達成感も経験できるので良い。
・何か一つ責任を与えられると真面目に取り組むので、そういう機会を与えられる事は大事だと思う。
・自分の子どもと同じ年の子達で集まり、持ちまわりで他のお母さん達と日本語を教えているが、他のお母さんが教えているのを見て、良い所を積極的に得ようとするので、人の前に立つという事は大切だと思った。

などの感想が聞かれました。







次回のこひつじ広場は10月12日(金)です。





2018年8月第1回目集まりのご報告

【日時】2018年8月25日(土)13:00〜15:00
【参加者】会員8人、お客様2人、子ども11人
【プログラム】
1.讃美歌  424番
2.読書「生活学校で何を学ぶか」(『教育三十年』)
3.今年の家事家計講習会について

【様子】
・学校を卒業して社会に出ると遅く起きようと思えば遅く起きる事もできてしまい、規律ある生活をしなくても済んでしまうが、生活学校では、学校で生活勉強もしてくれるのは凄いなと思った。
・得意な事はないけれど、その中で色々工夫し、少しずつ積み重ねて物にできたら良い。
・一生懸命少しずつ積み重ねて何かを得ていかないと、人に与えられるような事ができない。
・家庭に入っていると人と比べる事がないので、何が得意かという事が分からない。
・生活=勉強という事が中国の人には衝撃的だったのではないかと思う。
・日々精進する大変な生活は楽しいけれど、難しい事もある。
などの感想が聞かれました。


7月最後の集まりの時にこぎん刺しの材料を配り、各自やってみることになっていたのですが、日本に帰省する人も多く、こぎん刺しの経験がある会員のみが作成。
個人でとりかかるのが難しいとの事で、後日手仕事の日を持つ事になりました。







・家事家計講習会に向けて各家庭での掃除道具、洗剤調べをする事にしました。
・韓国にある食材を使った一品料理、常備菜の勉強。


最近会員も増えて、今回お客様が2人いらっしゃって多人数の集まりになりました。
場所がカフェだった事もあり、端に座っている人の話などが聞こえず、残念でした。集まりを持つ場所も考えた方が良いと思いました。



2018年8月26日日曜日

こひつじ文庫 in ソウルの文庫リストを更新しました。

こひつじ文庫の充実のために心をお寄せくださる方々のおかげで、少しずつですが書籍が増えています。
文庫リストを更新しました。ぜひご利用ください。

2018年7月24日火曜日

2018年7月第2回目集まりのご報告

【日時】2018年7月21日(土)13:00〜15:00
【参加者】会員5人、お客様1人、子ども7人(お客様の子ども1人)
【プログラム】
1.讃美歌 369番
2.読書「思想しつつ生活しつつ」(『思想しつつ生活しつつ 下』)
3.生活勉強 こぎん刺し

【様子】


・宗教を持っていなく、祈る事はしないが日々感謝する事、希望を持つ事は大切だと思う。
・思想しつつ、生活しつつ、祈りつつ(Thinking,Living,Praying)とても良い言葉だ。
・「少しでも理想を持っている人は、みな祈りつつ生きているのです。」という所に感銘を受けた。
・宗教は持っていないが、祈る事を通して日々色々と考えて生活していきたい。
・著者は女性初めての新聞記者ということで、とても苦労したのではないかと思う。

などの感想が聞かれました。



会員が創った物

日本でこぎん刺し用の糸を取り寄せた物

会員の作品

こぎん刺しの布も日本で買ってきた物

以前、クロスステッチに挑戦したので、今度は日本古来のこぎん刺しに挑戦する事になりました。コースター、ピンクッションのどちらを作るか、布、糸を選び、各自で頑張ることにしました。



来月の友の会の集まりは日本に帰省する会員が多いので、8月25日(土)1回のみになります。



2018年7月19日木曜日

2018年7月こひつじ広場のご報告

【日時】2018年7月6日(金)10:30〜12:30
会員5人、お客様2人、子ども3人(内お客様の子ども1人)

『家庭教育篇 (下)』より「服装の教育」を読みました。


・時と場合でどんな洋服が合うかという事を制服をもちいない事で教育する事ができるという事に気付かされた。
・気に入った服を数枚持ち、大切に着るという事が大事。
・洋服から創作力、制作力、についても教育できるという事に目からウロコだった。
・自分で身の回りの事を全てやっていると、どの様に干せばハンカチにアイロンをかけずに済むかなど考えながら生活するようになる。
・適切な服装について子どもに教えたいが、周りの子どもが自分の思う適切な服装と違うので、教える事が難しい。
・子どもに洋服を作ってあげたいが、裁縫が苦手なのでとりあえず小物から挑戦したい。
・子どもの服は人からもらったりするので、量が増えて整理するのが大変。

などの感想が聞かれました。




先日分けてもらった塩麹を使った漬物

コヒーゼリー



8月のこひつじ広場は日本帰省する会員が多い為お休みです。
次回は9月7日(金)です。

2018年7月第1回目集まりのご報告

【日時】2018年7月9日(月)10:30〜12:30
【参加者】会員6人、子ども2人
【プログラム】
1.讃美歌 365番
2.読書 「夢は実現する」(『教育三十年』)
3.生活勉強 家計簿半年決算

【様子】


・「互いに工夫して協力してそれでも足りないところをどんどん新しく作り出してゆく、それが愉快な生活です。」という所が心に残った。
・正しい夢というのが難しい。生徒たちが
「正しい夢を持っている人はお立ちなさい。」と言われて勢いよく立つとあり、子ども達がとても純粋だと感じた。
・自由学園の寮に入っている時に一日一信をしていた。ずっと続ける事は大変だが、家族からの返事が来ると嬉しかった。
・今の時代夢を持つ事が難しい。この著書の時代も夢を実現するのは難しいはずなのに実現されている事が凄い。
・悪い事は連鎖される。

などの感想が聞かれました。


家計簿をつけられていない会員が数名いて、ただただ頑張るという事で気持ちを改めました。


【一品持ち寄り】
・豆腐とザーサイのサラダ
・コブサラダ
・コーンとベーコンのカレー炒め
・鶏肉と長芋の照り煮
・トマトとモロヘイヤのポン酢あえ
・焼きナス
・生姜のキーマカレー
・白キクラゲのふりかけ




日本のお土産