2021年6月20日日曜日

2021年度 全国子ども研究会

 2021年度 全国子ども研究会に出席しました!


















【日時】 6月18日(金) 10:00~12:00, 13:00~15:00 (オンライン開催)

【出席者】541名

【礼拝】中央部中央委員 山本洋子さん
    聖書:マタイによる福音書 18章1-5節

【内容】・各地の活動から、子ども・親子・かぞく・地域
    ・今、私たちにできること話し合い
    ・「浜田のまちの縁側」代表 栗栖真理さんのお話

 今回も会員の大皿さんのお宅で、規制に従って3名のみ出席しました。出席者の総人数を知り驚くと同時に、この時間を共有できたことに喜びを感じました。

 礼拝での山本さんのお話から、自分を低くし、この世の価値観を捨てること。子どもの目線に合わせ、子どものように何にでも興味を持ってチャレンジすることの大切さ。私たちは、よりよい社会を想像しながら、これからも種をまき続けなければならないことなどを教えていただきました。

 各地の活動から特に印象的だったのは、往復はがきで近況報告をしていたというものです。往復はがきという響きが懐かしく、日本ならではだなと感じました。子どもたちからの手書きのはがきは温かみがあり、とても素敵な活動だと思いました。子どもの集まりを持つことは、子どもたちのためだけではなく、母親を孤独から救い、弱音を吐きだせる場でもあると思います。また、子どもたちの成長により集まりをやめてしまった地域もありました。全国の活動の報告を聞き、多くのことを学ばせていただきました。

 毎号楽しみにしている「かぞくのじかん」編集部の方のお話もお聞きすることができました。創刊当時の15年前の母親と現代の母親の悩みは、生活に関するものから精神的なものへと変化してきたそうです。現代の母たちは時間的に余裕がなく、子育てで大切な「待つこと」がとても難しいです。子どもは、自分を否定せず待ってさえくれれば、自分で気づきより良い行動が起こせるそうです。「待つことが、促すこと」だと教えてくださいました。

 最後に、自由学園の卒業生である栗栖さんのお話を聞き、韓国で子育てをする私たちにとって、子どもを支える人間関係の不足を痛感しました。それでも、友の会の私たちはお互いを支え合い、助け合える人間関係を築けています。しかし、友の会のメンバーだけがよければいい訳ではありません。私たちがどんな種をまくことができるのか模索しながら、よりよい社会を想像し続けたいと強く思いました。



















 休憩時間、大皿さんのおいしい昼食とレモンケーキ、一緒に出席した恩田さんのなめらかプリンをいただきました。いつもありがとうございます!

2021年6月13日日曜日

2021年6月 集まりのご報告

 2021年6月 集まりのご報告(オンライン)












【日時】2021年6月9日 10:00~12:00

【参加者】10名


●プログラム

【讃美歌】465番 児童

【読書】思想しつつ生活しつつ(上) より「親子の愛の完成」

・自分に都合がいいと母から「親孝行はしなくてもいい」と言われたことがあります。そういう考え方もあるのかと思いつつ、今でも納得はいっていません。子どもが親を敬い尽くすことが悪いこととは思わないからです。

・スキンシップ、肯定的な言葉がけ、時間の共有などを意識して子育てをしてきたはずなのに、いつの間にか忘れていることに気がつきました。

・自分自身の生活が充実していれば、自分を愛し満たされます。そうすれば、本当に子どものことを思って言葉をかけたり、行動を起こすことができるのではないでしょうか。韓国人は、「サランヘヨ(愛してるよ)」と直接言葉で愛情表現をします。自分自身、親から言葉での愛情を受けた記憶が殆どないのですが、せっかくこのような文化のある国で暮らしているのだから、子どもとの会話を大切にしながら、言葉でも愛情を表現していきたいです。

・日本人としては、スキンシップや言葉で愛情が表現できている方だと思いますが、子どもが自立し一人でも生きていけるよう、少しのケガであれば突き放すようにもしています。

・子どもがケガをしたり、病気になったとき、子どもの辛さを考えるのではなく、自分の大変さを真っ先に考えてしまいます。子どもに「お母さんは、私のこと好きじゃないよね。」と言われたとき、愛情表現が足りなかったのだと反省しました。子どもは無条件に親を愛してくれます。うわべの愛情表現ではなく、子どもを無条件に認めた上で、真の愛情表現をすることが大切だと思います。

・子育てを振り返って、本当に子どもを理解し子どものやりたいことをやらせてあげていただろうか、自分の理想を押し付けていたのではないかと思い返すことがあります。子どもが冗談で「私は愛情欠乏症だ。」と言いいますが、やはり日本人として愛情表現が少なかったなと思い起こしました。


 今回は、自分自身が子や親の立場からいろいろな感想を聞くことができました。私も母親としての資質がないのではないかと思い悩んだとき、先輩会員の一言で救われたことがあります。このように、同じような悩みをもつ仲間や、子育ての先輩との交わりを持つことができるのも、友の会のいいところではないでしょうか。


【オンライン講習会について】

 オンライン講習会まで残り1カ月を切りました。今回は、調理以外の流れの確認と、コンピューターの操作確認などを行いました。

 また、料理上手なTさんがプリン作りで最も難関である、カラメルソースについての研究結果を共有してくださいました。正直、私も初めてプリンを作ったとき、カラメルソース作りが面倒で次も作るだろうかと感じていました。カラメルソースが作り置きできれば、そんな面倒から解放されます。
























こちらが資料の一部、タブレットとソースを使って焼きくらべた結果です。出来上がりはソースの方がきれいですね。


 カラメルタブレットとカラメルソースの両方の観点から研究してくださり、とても勉強になりました。ありがとうございました!

 このように、コンピューターの得意な人、料理の得意な人、それぞれの力を出し合ってオンライン講習会に向け準備を進めています。


【子ども生活講習について】

 前回、こひつじ広場で話題になった子ども生活講習について、実際に開催することとなりました。第一回目のテーマは「衣類管理について考えよう」です。洋服のたたみ方を学びます。励み表を用い、習慣になってくれることを願っています。


次回:7月19日 6ヶ月の家計を見合います。

2021年5月31日月曜日

2021年5月 こひつじ広場のご報告

 2021年5月 こひつじ広場のご報告

(オフライン・オンライン)


 3月に新学期を迎え、小学校では低学年から優先して通学できるようになりました。それと同時に、しばらくお休みしていたこひつじ広場も規制に従って4人まではオフラインで集まり、ハイブリッドで開催しています。

【日時】2021年5月26日(水)10:00~11:30 会員大皿さん宅

【参加者】会員7名(うちお客様1名)

【読書】家庭教育より学校教育を見る「七、箱入り主義の教育」

【感想】

 韓国は、箱入り主義なところがあります。例えば、子どもを一人でどこかに送り出すことがありません。学校の前の塾ですら親の代わりに塾の職員が迎えに来ます。そして、塾が終わったら家の前まで送ってくれます。子どもは私たちが思っているよりも一人で考え、行動できるものです。周りに流されることなく、子どもを信頼し一人で送り出せるようになりたいです。

 人には向き不向きがあります。自分の得意なことを社会で無意識に活かしていけるような感情を、子どもたちに持ってもらいたいです。この感情は自然に身につくものではないので、まずは家庭の中で気づかせ、私自身が社会へ出て行動し、その後ろ姿を子どもたちに見せていきたいです。

 この他にも、社会の中での学校のあり方や、友の会でのボランティア活動のお話などを聞くことができました。実際に自分の力を差し出して社会に貢献している方たちと同じ団体に所属していることに、改めて喜びを感じると共に、私もいづれは韓国社会で力を発揮できたらと思いました。


【オンライン講習会について】

 こひつじ広場が終わったあと、二回目のリハーサルを行いました。










 こちらのプリンは18㎝のケーキ型で焼いたものです。今回もプリンの調理に当たり、カラメルの固さや型の大きさなどの課題が残りました。









 これは、ガラスの器で焼いたものです。こちらの方が高さがあり、中も見えて良さそうです。韓国で製菓の材料や道具を手に入れるのは容易ではありません。一般のご家庭にあるもので気軽に作れるようにと研究を繰り返しています。いつも自宅を開放してくださり、何度もプリン作りの改良をしてくださる大皿さんには感謝しています。










 この日の昼食です。集まったメンバーだけですが、おいしく頂きました。


 本番まで、数回の練習とリハーサルを残すのみとなりました。出席していただく方に喜んでもらえる講習会になるよう努めたいと思います。

2021年5月23日日曜日

2021年5月 集まりのご報告

 2021年5月 集まりのご報告
(オフライン・オンライン)


【日時】2021年5月12日 10:00~12:00

【参加者】9名


●プログラム

【讃美歌】510番 その他・神の招き


オンライン講習会のリハーサルを行いました。

当日、調理、撮影、アシスタントを担当する会員のみ集まりました。











出来上がった「小魚ナッツ」です。韓国のじゃこは塩分が多いので、次回は醤油を少なめに作る予定です。

プリンは、型の大きさに問題があったのか、ひっくり返すときに崩れてしまい大きな課題を残すことになりました。韓国のオーブンでのプリン作りは一筋縄ではいきません。この機会に鍋帽子の良さも伝えられたらと思います。














こちらは、Tさんが作ってきてくださった小魚ナッツとクッキーです。小魚がパラパラでおやつにぴったりですね。


次回:5月26日に2回目のリハーサルを行う予定です。

2021年3月10日水曜日

2021年3月集まりのご報告(オンライン)

【日時】2021310() 10001230

参加者:オンライン9

プログラム:

【讃美歌】 136番 主イエスキリスト 苦難

【読書】思想しつつ生活しつつ()より、「婦人の職業と収入」を読みました。

・仕事をしていたころを振り返ると、お給料をもらうことを心待ちにして、果たして仕事を愛していただろうか、と思い返すことがある。

・社会との直接のつながりは、人として持っておかなければならないと思う。

・補習校の仕事と家庭のバランスを考えてみたときに、昨年は補習校の仕事が忙しすぎて、家庭生活(特に子供の食生活)が疎かになって、ちゃんとしなければいけないと反省した。

・今の自分の悩みに沿った内容だった。日本で共働きをしていて、夫の仕事について韓国に来て、専業主婦になり数年経ちました。韓国でも働きたい気持ちがあり、共働き時代と同じように、夫に家事や育児のシェアを要求していた自分だが、韓国の現実(日本のようにパートタイム勤務が少ない)を知り、「今は無理に働こうとせずに、子供と一緒に過ごす時間を本業」だと思うように、最近考え方をシフトした。

・日本滞在中、子供が学校に行っている間、時間があり、岡崎友の会に参加させて頂いた。優しい方が多く、良い出会いや充実した時間が過ごせた。外で働くことだけが、母である自分のすべきことではないなと、感じた。韓国に戻ったので、今後、友の会や補習校で自分の力を発揮したいと思う。

・仕事をしていると、自分の生活に張りが出る。今は海外で子育て中なので、仕事はできないが、子供が巣立った時に何もなかったら、寂しい生活になりそうで、収入関係なく何かしたい気持ちはある。

・「好きなことを仕事にすると好きなことが嫌いになってしまう」と親に教えられたので、「興味のあることとお金を稼ぐことは、別」と考えてきたけれど、興味があることを少しずつ続けてやっているうちに、仲間が増え、ご縁があり、好きなことを仕事にできており、充実している。好きなことを細々と続けているうちに、何かが花を開くこともある。

・今の自分の本業は、子育てだな、と思う。子供をしっかり育てることが自分の本業。本業(子育て)と副業とのバランスを取るのが大変なこともあるが、副業のおかげで、本業に良い影響を受けることもある。自分の力を社会のために使いたいという気持ちを持っている。

 

・社会に出たい気持ちもあったが、自分は家庭という本業を守るためにも、外へ働きに出たらいけないな、と再確認した。などの意見が挙がりました。

【オンライン講習会について】

・各自、作ったお菓子を見合い、反省点や改善策を出した。

・講習会の方向性・紹介するお菓子を再確認した。

 

【その他】

次回の予定:47()10zoomにて開催予定。

2021年3月8日月曜日

2021年2月集まりのご報告(オンライン)

 

【日時】2021222() 10001200

参加者:オンライン8

プログラム:

【讃美歌】 338A 主よ終わりまで

【読書】思想しつつ生活しつつ()より、「今後の社会と婦人の職業」を読みました。

【プログラム】

5月に、Zoomを介してお菓子の講習会をすることになり、次回までに、各自で課題のお菓子を作って見合うことになりました。

【その他】

2月、2週に渡り、神戸友の会大皿泰子さんより、Feカフェ、Caカフェと題して、「鉄分」「カルシウム」について、講義をして頂きました。

韓国で手に入る食材で、調理法と併せ、教えて頂きました。ソウル友の会会員は、30代、40代が多く、産後まもない会員を含め、皆、鉄分カルシウム不足に悩む子育て親世代です。疎かになりがちな自分たちの健康管理についても、見直す良い機会となりました。泰子さん、貴重なお話をありがとうございました。

 

次回の予定:310()10zoomにて開催予定

2021年1月18日月曜日

2021年1月集まりのご報告(オンライン)

 【日時】2021年1月18日(月) 10:00-12:00 

参加者:オンライン8名 

プログラム: 

【讃美歌】 234番A 神の国 

【読書】思想しつつ生活しつつ(上)より、「保全の力と進歩の力」を読みました。

 感想: 

・コロナ禍で新しい生活様式を取り込なまいといけないのだが、自己がないのかと自信がなくなるが、 なるべく調和を取りながら、規則正しい生活を送りたいと思う。 

・コロナ禍における変化を受け入れる心持ち、世の中の変化について、若ければ柔軟に受け入れられたと思うが、急な変化に驚いている自分がいる。 

・著作集を読んでいると、羽仁先生は「すべての物事に意味がある」と考える方なのかなと思った。

 ・急に義母と住むことになったが、日本語を使っていることや、夫が台所に入る家庭だが、義母も何も言わず、尊重してくれる方でありがたかった。 

・独身の頃は、新しいものや新しい場所が好きだったが、出産後、保守的になったなと思う。 人生は、楽しんだもの勝ちだと思う。

 ・黒が好きな人は、ただ単に黒が好きなんだな、と思う。他人に期待しない。 

・外に目を向けることが少なくなって、暗闇に入りつつある。「旧」な自分だが、「旧×旧」なものは、一周回って新しく感じる部分もある。初めて韓国で年末年始を過ごしたら、気づかなかったこと、やっていなかったこと、新しい気持ちで取り入れることができて新鮮だった。 

・政治リーダーや芸能界の世代交代が進まないことがもどかしい。新人に力がないのもあるが、旧人が新人に席を譲る気持ち、引き際も大事だと思う。 

・温故知新 古い考え方、良さも大切にしたい。 

・人は人、自分は自分の考え方が進みすぎると、思いやりが足りない社会。自分だけ良ければよい、という考え方の人が多い。 

・「旧=悪」ではなく、新旧の良さを取り入れつつ、新旧ミックスバランスよく取り入れられればよいと思う。

 ・相手に新を押し付けると、相手は受け入れられない。自分も新しいものを取り入れないといけない。

 ・外国での子育て。自分も経験したことのない。難しいことをしている。

 ・40代で旧と言ったらダメ。死ぬまで新しいものを取り入れつつ、新しいもの好きでいたい。 「一生に一度きり」の体験を積み重ねていきたい。

 ・婦人之友+インスタグラムを参考にして、レシピを取り入れている。 などの意見が挙がりました。


 【日韓コロナ対策について意見交換】 

・人と繋がれることの大事さ、友人と食事をして繋がることの有難さを実感した。 

・ワクチン接種について  


【来年の取り組みについて神戸友の会大皿さんからアドバイス】 

「カルシウム」「鉄分」など、テーマを絞ってみると勉強になる。 例えば、カルシウムの取れる食品を1年間、勉強してみる。友の会の共同購入(高野豆腐、切り干し大根、きくらげ)の食品は理にかなった食材だと確信できた。  


次回の予定:

1月27日(水)10時zoomにて開催予定

2月22日(月)10時zoomにて開催予定